環境事業部 (ストーンシートについて)

環境に優しく、水にも強く、
ゴミと一緒に燃やせば、
有害物質を抑える。

Stone-Sheetと一般の紙との大きな違いは、木材を使用せず、原料に石灰石を使用した「石」から生まれた紙であることです。世界中で叫ばれる森林破壊を防ぐだけでなく、焼却時のCO2排出量がバージンパルプ紙に比べ約半分に抑えられ、製造過程で水を全く使わないため水質汚染もありません。

Stone-Sheetとは

「Stone-Sheet」は、地球環境を守る為に、紙に代わるものとして開発されました。
紙は、この世に無くてはならないものですが、そのためには、たくさんの木材を伐採して繊維を取り出さなければなりません。
また、紙を漉くためにたくさんの水を使わなければなりません。更には、酸やアルカリの化学添加剤を使います。
そのため、廃水によって環境を破壊して参りました。残念ながら地球環境の犠牲の上に紙は生まれております。
そこで"地球環境をもっと大切に"をモットーに生まれたのが「Stone-Sheet」です。
「Stone-Sheet」は、PE・PPなどの化学繊維紙に炭酸カルシウムCaCO3を微細粉化して、電気加熱でコーティングしたものをベースとし、さらにその上に表面コーティングしたものです。シートとして、一般の紙と同じように使えます。

リサイクルが容易です

工場内(構内)リサイクルプロセス

Stone-Sheet (ストーンシート) (LM紙製品)は古紙をペレット状にすることにより再利用が可能です。
ペレット状にされたものは、カラー紙製品に利用することができます。反対に、従来のパルプ紙再利用の工程では、脱インキ、木質分解、そして、漂白、といった煩雑な工程を経なければなりません。
そして、この工程において、大量の水が必要なのです。Stone-Sheet (ストーンシート) (LM紙製品)の再利用技術は工程がシンプルなだけでなく、資源の無駄を減らすことができるのです。

プラスチックとのリサイクル

さらに、RMPはプラスチックと一緒にリサイクルすることが可能です。
RMPは ペレット状に戻すことができ、カラービニール袋、植木鉢、バケツなどを製造するPE工程で使用される添加剤となるのです。

火炉

焼却の際には、非毒性樹脂は燃焼され、なんとRMPは粉状に戻るのです!
有毒なガスは発生せず、また二酸化炭素はごく微量しか排出されません。温室効果を効率的に減速させることができます。

光分解が可能

Stone-Sheet (ストーンシート)(LM紙製品)は光分解が可能です。
厚さ200μmのStone-Sheet (ストーンシート)(LM紙製品)サンプルを使った実験によると、Stone-Sheet (ストーンシート)(LM紙製品)はおよそ6カ月間直射日光にさらされると、たまごの殻のようにもろくなることが分かりました。
Stone-Sheet (ストーンシート) (LM紙製品)は日光を避けた家などの屋内で保管された場合、生物分解は起こりません。紙を屋外で6カ月間以上使ったらどうなるのか、という疑問もあるでしょうが、その点は解決済みであり、UV遮断剤により光分解のスピードをコントロールすることができます。
光分解が可能な紙により、廃棄物管理の心配をしなくてもよくなります。
光分解スピードの適切なバランスを調節することは非常に重要となってきますが、
今日のテクノロジーにより、それも可能なのです。

Stone-Sheetは、その生成方法自体が、
地球環境を保全する上で大きく注目されています。
木材パルプを使用しません水質汚染の心配がありません大気汚染の心配がありません
木材パルプを使用しません水質汚染の心配がありません大気汚染の心配がありません

a

木材パルプを使用しません

従来のパルプ紙を1トン製造するには、4トンもの木材チップが必要であり、およそ23本の大木を切り倒す計算となります。
しかし、これは従来の木材パルプ紙を使った時の環境コストのほんのごく一部なのです。地球全体で産業用に切られる樹木の半分はパルプや製紙に使われており、その量はとどまるところを知りません。この状態が続くと、今世紀半ばには、熱帯雨林は現在の5%しか残らず、種の多様性は失われるだろうと考えられています。

水質汚染の心配がありません

独創的なウォーターレスペーパーの技術は当社の環境保全に対する情熱から生まれたものです。従来の製紙工程では、酸やアルカリ、その大量の貴重な水は必要とします。
製紙工程において、水を使わないようにすることによって、当社は私たちの使命である、環境に優しい企業であることに、大きな一歩を踏み出したのです。

大気汚染の心配がありません

LM製紙工程では、有毒なガスは排出されません。
予防は事後解決に勝る、ということで、初期段階で、有毒ガスが出ないような製造工程を考案することは、後に、有毒ガスの管理をするよりも明らかに効率的で効果的な方法です。
良質な大気環境は実現可能なのです。
当社はこのことを理解するだけでなく、私たちの製紙技術によって、有毒ガスが排出
されないように、積極的に働きかけてきたのです。

a